C 言語で行う Web フロントエンドプログラミング accepted

Abstract

emcc helloworld.c -o helloworld.html

C や C++ のプログラムを書かれたこのある方ならば、 このコマンドを見たときに、目を疑うはずです。 そうです。このコマンドを実行すると、C++ で書かれたプログラムをコンパイルして JavaScript ファイルと、それを動作させる HTML ファイルが生成されます。 生成された HTML は、手を加えることなくブラウザ上で動作します。

すでに Web は、x86 や ARM と同じく、C や C++ コンパイラのターゲットアーキテクチャとなっています。 それぞれのアーキテクチャに向けてビルドするのと同じように、Web に対して C / C++ のコードをビルドできるのです。 実現したのは、コンパイラに代表されるビルドツールに対する Web コミュニティの貢献と、 各ブラウザベンダーによる JavaScript 高速化への努力があります。

今回の講演では、これまでいくつかの C / C++ コードをコンパイルしてきた経験をもとに、C のコードをどうやって Web ブラウザで動かすのか、なんでそのコードがなぜ動くのか、どう繋げるのかについてまとめます。 大半のコードはそのまま動きます。思ったよりも簡単にできますが、やっぱりハマるポイントもあります。そんな C で書く Web フロントエンドプログラミングについての諸々を共有したいと思います。

Video
Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Beginner
Starts On 12/3/16, 1:40 PM
Room Lounge
Session Duration 30 min
Spoken Language Japanese
Slide Language Japanese
Photo Release Allow
Recording Release Allow
Materials Release Allow