OSS は Windows で動いてこそ楽しいaccepted

Abstract

OSS プロダクトとマルチプラットフォーム

OSS プロダクトではマルチプラットフォーム対応が必要不可欠です。にも関わらず Windows 対応はしばし後回しにされがちで、それだけでシェアを落としてしまう物さえあります。また Windows 対応する事でソースを汚してしまうといった問題も起きえます。Windows だから自分は関係ない、そう思われる方も多いかもしれません。

Go言語の登場

しかし Go 言語の登場によりその多くの問題が解消されつつあります。Windows の知識が無くても Windows 対応が可能になってきています。このセッションでは過去の Windows 対応で発生していた問題をGo言語およびサードパーティライブラリが如何にして解決しているのかをご紹介します。

アジェンダ (予定)

  • Windows は OSS で問題が起きやすい
  • Windows 対応の暗い過去
  • Go言語の登場でその流れは変わりつつある
  • mattn ウェアがあれば大丈夫

Video
Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Beginner
Starts On 12/3/16, 10:10 AM
Room Main Hall
Session Duration 60 min
Spoken Language Japanese
Slide Language Japanese
Photo Release Disallow
Recording Release Allow
Materials Release Allow

Your session will be confirmed when you press the button below