Highly available and scalable Kubernetes on AWSaccepted

Abstract

Kubernetesはコンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリング、管理を自動化するオープンソースのシステムです。

同様のシステムにはDocker Swarm、Mesos、Nomad、Kontena、Rancherなどがあります。Kubernetesはその中でもいち早くProduction-Readyになりましたが、国内での採用事例はなかなか聞くことができません。もしかすると、Kubernetesを導入しようと思うような組織では、既にVMベースでHAでスケーラブルなインフラを作り込んでしまっているうえに、日本語による情報の少なさ、マネージドサービスの少なさなどが相まって実運用に至っていないのでしょうか。とにかく、Kubernetesの採用事例をもっと聞きたい!

このセッションでは、CoreOS社とコミュニティの共同作業によって開発されている「kube-aws」というOSSを利用して、日本国内で最もポピュラーなIaaSであるAWS上に、本番運用に耐えうるKubernetesを構築する方法と、その裏側を紹介します。

キーワード:CoreOS、Etcd、Kubernetes、スプリット・ブレイン、H/A、コンテナのオートスケーリング、サーバのオートスケーリング、コンテナとマネージドサービスのいいとこ取り

Video
Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Intermediate
Starts On 12/3/16, 2:20 PM
Room Main Hall
Session Duration 60 min
Spoken Language Japanese
Slide Language English
Photo Release Allow
Recording Release Allow
Materials Release Allow

Your session will be confirmed when you press the button below