コンパイラをつくってみよう accepted

Abstract

コンパイラをつくってみたいと思ったことはありますか?
「C言語わからないから無理」「低レイヤの専門家じゃないから無理」「コンピュータ・サイエンス学んでないから無理」などとあきらめてしまっていませんか?

簡単なコンパイラであれば難しい理論を知らなくても作ることができます。
むしろ私は、コンパイラというものはまず作ってしまってから理論を学ぶ方がよいとさえ考えています。また必ずしもC言語で書く必要はなく、どんな言語でもコンパイラを作ることができます。

本トークでは、Go言語で簡単なコンパイラを作って足し算引き算を動かすところまでをライブコーディングでお見せします。
文字通りフルスクラッチでゼロからコンパイラを書きます。

(Go言語固有の話はあまり出てこないので、他言語ユーザでもある程度わかる内容になると思います。主眼はGoではなくあくまで「コンパイラ」です)

本トークを聞いて、コンパイラ作りを疑似体験していただき、コンパイラって意外と簡単なんだ、自分もやってみよう、と思う人がひとりでも増えればと願っています。

■目次
・コンパイラの学び方
・コンパイラについてのよくある誤解
・かんたんなアセンブリの解説
・ソースコードを解釈するとはどういうことか
・つくる!(ライブコーディング)

■想定受講対象者

・普段アプリケーション開発をしているけどコンパイラに興味がある方
・コンパイラをやってみたいけど何からはじめてよいかわからない方、挑戦したけど挫折したことのある方
・プログラミング言語が動く仕組みを知りたい方

■ [セッション終了後に追記]
会場のみなさまと一緒に作り上げたコンパイラのコードがこちらです。

https://github.com/DQNEO/HowToWriteACompiler/commit/4cc70cf78359fee5f9b064b570402c1e7fc17ef7

Video
Slides
Session Information
Confirmed confirmed
Starts On 8/30/19, 1:20 PM
Room Niwa Hall
Session Duration 50 min session
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese