1からはじめる、AWS / TypeScript / Alexa Skills Kitを用いた音声アプリケーション pending

This session has NOT been accepted yet. If you would like to see it in the conference, please post it in social networks, as those numbers will be tallied and used as part of the selection criteria

Abstract

みなさんスマートスピーカーはお持ちですか?
AlexaやGoogle Home / LINE Cloverなどでは、すでに数多くのアプリ(スキル)が公開され、レシピ検索からライフログ・ショッピングといった様々なアクションが声で行うことができるようになっています。
ですが時には「自分が欲しいアプリ・自分にとってちょうどいいアプリ」が見当たらないこともあります。
そんな時、「自分で音声アプリケーションが作る」ことができれば、DIYで自分の暮らしをハックすることができます。

本セッションでは、スマートスピーカーの1つであるAlexaにフォーカスし、AWS Lambdaを中心としたServerlessな環境にTypeScriptで実装したアプリをデプロイ・公開する方法を紹介します。
また、GUIで操作するアプリとのUI / UXの違いについてや、「Alexaでのビジネス」の可能性などについても紹介する予定です。

[予定しているTopic]
・Alexaでのアプリケーションバックエンド3例
・音声処理の実装方法
・ASK SDKを用いたTypeScriptでのコーディング
・Alexaでよく利用するAWSリソースの管理について(Serverless Framework / AWS SAM)
・会話を継続させるための仕組み(永続化データ・セッション)
・長期的な運用・横展開を目指した開発体制について
・VUIとGUIの違い、意識すべき点について
・日本に今後来るであろう機能一部紹介

Session Information
Material Level Beginner
Starts On N/A
Room
Session Duration 50 min session
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese
Photo Release Allow
Recording Release Allow
Materials Release Allow