HADOが試したポジショントラッキングの話 accepted

Abstract

イントロダクション

AR技術とスポーツを掛け合わせて生まれた全く新しいテクノスポーツ「HADO」.
今回のセッションでは,HADOのもっとも重要なテクノロジーのひとつ,ポジショントラッキングについてお話します.
現在活用されているマーカーベースの方法はもちろん,かつて挑戦した/現在挑戦している様々なプレイヤーの位置特定の方法について,結果と反省を交えてお伝えします.

セッションの内容(予定)

・HADOとは
 └ テクノスポーツ「HADO」について
・HADOに求められるポジトラ要件
 └ 10m x 7m にひしめく6人の位置を高速で
・採用している方法
 └ Vuforiaを用いたポジショントラッキング
・考えた方法
 └ モーションキャプチャーは?Viveは?
・よりよい方法は?
 └ TangoやHoloLensなど夢のマーカーレスARへ

キーワード

HADO/AR/Vuforia/HTC Vive/Tango/HoloLens

Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Beginner
Starts On 8/5/17, 2:10 PM
Room Multi-Purpose Room 1
Session Duration 60 min
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese
Photo Release Allow
Recording Release Allow
Materials Release Allow