遠いようで身近なサウンドエンジニアリング accepted

Abstract

なんのためのサウンド?なんのためのミックス?
アプリケーションのエンジニアリングでも同じことは当然考えますが、皆さんが普段聴いているCDやレコードのサウンドもそれを届けるためにサウンドのエンジニアリングにおいても様々な工夫をしています。
本セッションではアマチュアでありますが自分のバンドのサウンドエンジニアリングを担当する筆者が極めて基本的なレコーディングにおけるサウンドエンジニアリングについて語ります。

  • 音楽があなたに届くまで
  • 実際の演奏とレコーディングの情報量の違い
  • 人間の認知と音
    • カクテルパーティー効果etc..
  • レコーディング/ミキシングの実際
    • マイキングによるサウンドの違い
    • 各種エフェクトの原理と効果
  • サウンド処理とソフトウェアエンジニアリングの実際と未来

Video
Slides
Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Beginner
Starts On 9/8/18, 1:10 PM
Room Multi-Purpose Room 1
Session Duration Regular Session (30min)
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese