開発現場で役立たせるための設計原則とパターン accepted

Abstract

設計原則やデザインパターンは重要なものであると言われています[要出典]が、原則やパターンを学ぶだけでは、なかなか「どのように開発現場に生かせばいいのか」が見えてこないというのもまた事実ではないでしょうか。

あるいは、原則やパターンを適用しようと頑張った結果、高まるはずの保守性が低まってしまった、というような話も、よく聞くように思います。たとえば、DRY原則を知った直後に、なんでもかんでも「共通化」を行い、あとからそこが負債化してしまった、というような体験は、多くの開発者の「苦い思い出」として残っていたりするのではないかと思います。

このセッションでは、開発要件やコードを多く例示しながら、原則やパターンと実際の開発の間の溝を埋めることを目指します。

また、原則同士の有機的なつながりや、原則とパターンの間にある関係にも光を当てることで、「カナヅチを持ったらなんでも釘に見える」という状態に陥らないための処方箋も示せればと思っています。

Video
Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Beginner
Starts On 9/7/18, 12:30 PM
Room Multi-Purpose Room 1
Session Duration Regular Session (60min)
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese