DAO を目指す Ethereum 技術者コミュニティ「Hi-Ether」の挑戦 rejected

Abstract

近年、日本においてもブロックチェーン関連の話題が多く聞かれるようになりました。しかしその興味の大半は投機対象としての暗号通貨に向けられているのが現状ではないかと感じます。ブロックチェーン自体は暗号通貨のためだけのものではなく、より広範な分野で活用され得るものですから、世界中で活用のための様々な試行錯誤が行われています。

私が所属する「Hi-Ether」は、ブロックチェーン技術のひとつである Ethereum に興味関心のある技術者が集まる日本発のコミュニティです。2017 年 12 月に発足し、オンラインでの議論やオフラインの Meetup を重ねて今日まで運営されてきました。私たちもまた、ブロックチェーンや Ethereum の可能性に魅せられ、活用の可能性を模索しています。

コンウェイの法則に似た話として、組織やコミュニティの運営方針はそこで採用される技術のコアにある価値観に影響を受けることがあるのではないでしょうか。たとえば、builderscon tokyo 2018 の参加者の多くはオープンソースソフトウェアを日常的に活用する組織に属している人が多いとお見受けしますが、そういった組織は「Openness (オープンであること)」を重視する傾向にあると思います。

技術としての Ethereum に共感して集まった私たちも例外ではなく、Ethereum の思想の中心にある「Decentralized (非中央集権的であること)」を Hi-Ether で体現したい意向があります。目指すのは「Decentralized Autonomous Organization (DAO、非中央集権自律組織)」です。特定の個人に強く依存しない形で、コミュニティが健全に継続的に運営されていくことを望んでいます。

「中心メンバーが忙しくなって、活動が止まってしまった…」
「一部のメンバーに負荷が集中してしまい、やりがいの搾取とも言える状況になってしまう…」
「運営に透明性がなくなり、メンバーの暴走を止める手段がない…」

こういった組織運営上の問題を、技術によって解決できるのだとしたら。コードを書くことによって回避できるのだとしたら。それは素晴らしいことではないでしょうか。Ethereum の技術者が Ethereum のコミュニティをよりよく運営するために Ethereum を活用するというのは、私にとっては単純にかっこいいことにも思えるのです。

本セッションでは、まず Ethereum の基本的な概念をコンパクトにまとめて解説します。続いて、Ethereum ネットワーク上で動作するスマートコントラクトとスマートトークンについて紹介します。準備が整ったところで、スマートコントラクトやスマートトークンを用いてコミュニティを運営するとはどういうことなのか、これまでの組織運営のどんな問題を解決し得るのか、Hi-Ether が具体的にどのような未来を描いているのかをお話します。

ご来場のみなさまと、組織やコミュニティの未来がこれからどうなっていくのか存分にお話したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

Build a better community!!!

キーワード

Ethereum、ブロックチェーン、スマートコントラクト、スマートトークン、DAO、コミュニティ

こんな人におすすめ

  • ブロックチェーン技術に興味のある人
  • Ethereum に興味のある人
  • コミュニティ運営に興味のある人

関連リンク

Session Information
Material Level Beginner
Starts On N/A
Room
Session Duration Regular Session (30min)
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese