高集積コンテナホスティングにおけるボトルネックとその解法 accepted

Abstract

話し手の所属するGMOペパボではロリポップ!マネージドクラウドというコンテナホスティングサービスを提供しており、1台のサーバに数千のコンテナを起動します。

コンテナはプロセスであるという認識は一般的になりつつありますが、コンテナプロセスを起動するにはネームスペースの作成や、マウントなどいくつもの処理が行われてプロセスを起動する必要があり、通常のプロセス起動と違う箇所にボトルネックが現れます。またコンテナ技術はLinuxのカーネルレイヤに近い領域で実装されているためそのボトルネックの解消には深いLinuxに対する理解が必要です。

本セッションにおいては話し手が1台のサーバで数千のコンテナを起動する際に直面したボトルネック、その調査方法、そして解決する方法を共有したいと思います。

昨今k8sの台頭により、あらゆるサービスでコンテナ技術が利用されつつありますが、コンテナ技術の深い理解は、今後のエンジニアのあらゆる開発において有用な知識となるはずです。ぜひ本セッションに足を運んでいただき、一歩進んだコンテナ利用をしていきましょう。

Video
Slides
Session Information
Confirmed confirmed
Material Level Beginner
Starts On 9/8/18, 11:10 AM
Room Event Hall
Session Duration Regular Session (60min)
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese