宣言的UI for React, Vue.js, SwiftUI, Jetpack Compose, Flutter accepted

Abstract

2019年のGoogle IOではAndoirdのJetpack Compose、WWDCではiOSのSwiftUIと新たなUIフレームワークが登場しました。

何故これらのフレームワークが誕生したのでしょうか? 単に新しい言語に合わせたフレームワークをリリースしただけでしょうか?

そうではありません。

Webの世界で実証された「宣言的UI」を実現できる待望のフレームワークが登場したのです。これにより今まで複雑であったGUIアプリケーションをよりシンプルに実装できるようになります。

そこで本セッションでは、この宣言的という言葉を中心に過去のUIアーキテクチャを振り返り、今後アプリ開発で主流となる宣言的UIを紹介します。

更にそれを踏まえて今後どのようにアーキテクチャを検討するべきかを言語やフレームワークに捉われず紹介します。

詳細

宣言的UIは、GUIアプリケーション開発の大きなパラダイムシフトです。

しかし既にReactやVue.jsが存在するにも関わらず、ユーザコミュニティの議論はFluxやReduxなどの話が中心であり宣言的UIを意識してこなかったエンジニアも多いと感じています。
適切なアーキテクチャを選択するためにはフレームワークの背景を理解することが大切です。

また宣言的UIの先駆者であるReactは近年様々な課題を解決して、大きく変わろうとしています。
どのようにReactが課題を解決してきて現在どのような状態にあるかを紹介することで、アプリ開発者が今後遭遇するであろう課題を明らかにします。それにより宣言的UIヘのより深い理解に繋がり、アプリのユーザコミュニティが宣言的UIフレームワークの開発動向を調査する助けになればと考えています。

対象者

・ 宣言的UIフレームワークの利用を検討中のAnrdroid、iOSエンジニア
・ 宣言的UIを意識したことがないWebフロントエンドエンジニア
・ MVC、MVP、MVVM、Flux、Redux、Clean Architectureの関係を知りたいエンジニア

Video
Session Information
Confirmed confirmed
Starts On 8/30/19, 2:30 PM
Room Centennial Hall A
Session Duration 50 min session
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese