JPQRによって変わる日本のQRコード決済 accepted

Abstract

近年、日本でもキャッシュレス社会に向けた動きが活発化しています。
様々な事業者によるQRコードによる決済が誕生し、コンビニや大手家電量販店でもQRコード決済で支払い出来るようになったり、ニュースで「キャッシュレス」という言葉を聞く機会もかなり増えたのではないでしょうか?
まさにスマホ決済元年・キャッシュレス元年といえる2019年ですが、そういった盛り上がりの一方で各事業者ごとのQRコードの技術仕様や業務フローの対応については加盟店、消費者双方への負担が課題になっています。
こうした負担を解決するための動きとしてキャッシュレス推進協議会が統一QR(JPQR)仕様を策定しており、このJPQRを使った実証実験が2019年8月から岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の4県で行われる予定です。

今回、私はこのJPQRの仕様について解説しつつ、JPQRが実現する未来についてお話させていただこうと思います。

以下について話します。

MPMとCPM
統一QRコード仕様
- EMVCo
- QRコードに含まれている情報
決済フロー
JPQRの不正対策
JPQRで統一されるものは

Video
Session Information
Confirmed confirmed
Starts On 8/31/19, 11:30 AM
Room Centennial Hall B
Session Duration 20 min session
Spoken Language Japanese
Interpretation Unavailable
Slide Language Japanese